Nakamura Yoshiko Official Web site

ブログ

2019.2.9#日本維新の会 ー平成31年党大会ーとりあえず維新の会の議員を応援してみませんか? 31年活動方針①身を切る改革で財源を生み出す②機会平等社会のための #教育無償化経済的な理由によって教育を受ける機会を奪われてはならない。政権が変わっても継続できるようにするため教育無償化を憲法に明記する。政権が変わっても継続されることで安心して教育無償化により負担軽減された家計費で子育て世代が消費性向を向上できるようにし消費拡大と経済成長に結びつける。これまでの施設補助を中心とする保育業界側への補助を改め、利用者が保育業界の切磋琢磨を促す保育バウチャーを導入して幼児教育を無償化する。保育士給与の官民格差是正により保育士の待遇を改善する。保育の地方分権を進め地域に応じた保育サポーター制度を導入し、待機児童問題の解決を図る。③〝働く〟を支援する生涯活躍改革④時代に適した今の憲法へ⑤徹底規制緩和で日本経済を強化⑥大規模災害に対応できる仕組み改革⑦中央集権打破による地方の自立東京一極集中から多極型国家を目指す。政令市と都道府県の権限を見直す。先行事例として大阪都構想の実現を目指す。大阪都構想により二重行政を解消する事の合理性を全国に示し、観光・教育等あらゆる行政について国と地方の役割分担を見直し、地方の判断で適切な体制を選択できるようにする。⑧現実に即した安全保障を国民のために!と言いながら、無駄の削減や事業の見直しも行わず、消費税増税や複雑な軽減税率制度や参議院議員定数増や廃止された議員年金を復活させようとする政党を私は許せないです。自民党・公明党が国政与党です。どの党にも色々な議員がいる。維新の会は政策はブレない。そして、他の議員からどんなに罵声を浴びせられても実行してきた。他の政党よりはマシ!結党以来、維新の会の議員がいる市町村の議員定数削減や報酬カットが増えた事は事実だから。パフォーマンスと言われても良い。身を切る改革を言い続けることで、いつか議員報酬の引き上げぐらいは止まる。維新の会の議員が全国に増える事で、自分の身分にこだわる議員は、自分の報酬引き上げに賛成し難くなる。自分の身分だけにこだわる議員を黙らし、無駄の削減政策を実行するには、少数政党維新の会の議員は、有権者の最多得票数の傘をさして、民意ですから!と議会で発言し実行を促すしかないのです。改革を実行できるのは、あなたです!投票へ行く!行動が、街の政治を変える。#泉大津 #泉大津市議会 #中村与志子

by Instagram
2019.2.9#日本維新の会 ー平成31年党大会ーとりあえず維新の会の議員を応援してみませんか? 31年活動方針①身を切る改革で財源を生み出す②機会平等社会のための #教育無償化経済的な理由によって教育を受ける機会を奪われてはならない。政権が変わっても継続できるようにするため教育無償化を憲法に明記する。政権が変わっても継続されることで安心して教育無償化により負担軽減された家計費で子育て世代が消費性向を向上できるようにし消費拡大と経済成長に結びつける。これまでの施設補助を中心とする保育業界側への補助を改め、利用者が保育業界の切磋琢磨を促す保育バウチャーを導入して幼児教育を無償化する。保育士給与の官民格差是正により保育士の待遇を改善する。保育の地方分権を進め地域に応じた保育サポーター制度を導入し、待機児童問題の解決を図る。③〝働く〟を支援する生涯活躍改革④時代に適した今の憲法へ⑤徹底規制緩和で日本経済を強化⑥大規模災害に対応できる仕組み改革⑦中央集権打破による地方の自立東京一極集中から多極型国家を目指す。政令市と都道府県の権限を見直す。先行事例として大阪都構想の実現を目指す。大阪都構想により二重行政を解消する事の合理性を全国に示し、観光・教育等あらゆる行政について国と地方の役割分担を見直し、地方の判断で適切な体制を選択できるようにする。⑧現実に即した安全保障を国民のために!と言いながら、無駄の削減や事業の見直しも行わず、消費税増税や複雑な軽減税率制度や参議院議員定数増や廃止された議員年金を復活させようとする政党を私は許せないです。自民党・公明党が国政与党です。どの党にも色々な議員がいる。維新の会は政策はブレない。そして、他の議員からどんなに罵声を浴びせられても実行してきた。他の政党よりはマシ!結党以来、維新の会の議員がいる市町村の議員定数削減や報酬カットが増えた事は事実だから。パフォーマンスと言われても良い。身を切る改革を言い続けることで、いつか議員報酬の引き上げぐらいは止まる。維新の会の議員が全国に増える事で、自分の身分にこだわる議員は、自分の報酬引き上げに賛成し難くなる。自分の身分だけにこだわる議員を黙らし、無駄の削減政策を実行するには、少数政党維新の会の議員は、有権者の最多得票数の傘をさして、民意ですから!と議会で発言し実行を促すしかないのです。改革を実行できるのは、あなたです!投票へ行く!行動が、街の政治を変える。#泉大津 #泉大津市議会 #中村与志子

お問い合わせ先

〒595-0061大阪府泉大津市春日町10番3号
TEL/FAX:0725-99-8542
ページ上部へ戻る