Nakamura Yoshiko Official Web site

ブログ

2019.4.2 3月末が平成30年度泉大津市議会政務活動費の締め切りでした。議会事務コピー代金の使用分が少し合算されますが、維新蒼風会の政務活動費総額は290822円でした。維新蒼風会(井阪正信、中村与志子)は、一期4年3回の議員報酬引き上げ案全てに反対しました。その総額は税抜き2人分累計約30万円弱です。報酬アップに反対したからには、泉大津市に引き上げ額を返還しなければならない。と考えました。しかしながら、議員が泉大津市に寄付することは公職選挙法違反となる、また、供託金は、議員でなくなった時、泉大津市に寄付するつもりでも信用問題あり。それなら、任期最終年度の政務活動費を使わない事で、泉大津市に返還させていただくと会派意見が一致しました。私は、この2年は政務活動費を使わず、市に返還できる事で、議員報酬引き上げ反対や議員報酬削減になると思い実行してきました。泉大津市の公金で報酬を得ている以上、泉大津市に返還できるようにする。その考えは変わりません。よって泉大津市においては政務活動費年間30万円の廃止を訴え続けてまいります。政務活動費の廃止を必要と考える根拠は、・事務局の確認・承認、ネット公開など事務手数を減らすことができる。・1人年間30万円×16人分で480万円を公共施設整備政策に活用してほしい。小中学校の防火扉など近々に修繕が必要。・行政視察などは別予算がある。・議会事務局職員を1人でも削減できる。・政務活動費の不正受給防止。文房具や電子機器は転売できる可能性がある。ビラはポステイングされたかの確認が取りずらい。全てが申告ありきで調べきれない。自分の報酬から政務活動費を捻出するなら無駄使いしない。議員は個人事業主であり政務活動に使った費用は、経費として確定申告すれば良いと考えます。・議員は副業が認められている(市から補助金が出ている団体から給与を得てはならない)・本市の議員報酬は議員の議決で増減できている。5年間連絡報酬アップした。 大阪維新の会は身を切る改革の一端として自らの報酬の一部を被災地に義援金として送っております。私は送るのであれば、沢山の子供たちの命を救えなかった大川小学校を忘れないため、石巻市に義援金を送りる事にしました。全ての被災者の方々の御冥福をお祈りし、ご遺族の今後の活動を微力ながら応援させていただきたいと思います。もちろん議員が被災地に義援金を送る事が身を切る改革と考えておりません。

by Instagram
2019.4.2  3月末が平成30年度泉大津市議会政務活動費の締め切りでした。議会事務コピー代金の使用分が少し合算されますが、維新蒼風会の政務活動費総額は290822円でした。維新蒼風会(井阪正信、中村与志子)は、一期4年3回の議員報酬引き上げ案全てに反対しました。その総額は税抜き2人分累計約30万円弱です。報酬アップに反対したからには、泉大津市に引き上げ額を返還しなければならない。と考えました。しかしながら、議員が泉大津市に寄付することは公職選挙法違反となる、また、供託金は、議員でなくなった時、泉大津市に寄付するつもりでも信用問題あり。それなら、任期最終年度の政務活動費を使わない事で、泉大津市に返還させていただくと会派意見が一致しました。私は、この2年は政務活動費を使わず、市に返還できる事で、議員報酬引き上げ反対や議員報酬削減になると思い実行してきました。泉大津市の公金で報酬を得ている以上、泉大津市に返還できるようにする。その考えは変わりません。よって泉大津市においては政務活動費年間30万円の廃止を訴え続けてまいります。政務活動費の廃止を必要と考える根拠は、・事務局の確認・承認、ネット公開など事務手数を減らすことができる。・1人年間30万円×16人分で480万円を公共施設整備政策に活用してほしい。小中学校の防火扉など近々に修繕が必要。・行政視察などは別予算がある。・議会事務局職員を1人でも削減できる。・政務活動費の不正受給防止。文房具や電子機器は転売できる可能性がある。ビラはポステイングされたかの確認が取りずらい。全てが申告ありきで調べきれない。自分の報酬から政務活動費を捻出するなら無駄使いしない。議員は個人事業主であり政務活動に使った費用は、経費として確定申告すれば良いと考えます。・議員は副業が認められている(市から補助金が出ている団体から給与を得てはならない)・本市の議員報酬は議員の議決で増減できている。5年間連絡報酬アップした。  大阪維新の会は身を切る改革の一端として自らの報酬の一部を被災地に義援金として送っております。私は送るのであれば、沢山の子供たちの命を救えなかった大川小学校を忘れないため、石巻市に義援金を送りる事にしました。全ての被災者の方々の御冥福をお祈りし、ご遺族の今後の活動を微力ながら応援させていただきたいと思います。もちろん議員が被災地に義援金を送る事が身を切る改革と考えておりません。

お問い合わせ先

〒595-0061大阪府泉大津市春日町10番3号
TEL/FAX:0725-99-8542
ページ上部へ戻る