Nakamura Yoshiko Official Web site

ブログ

2019.7.13難波駅前、南堀江で街宣に参加しました。久々にアメ村など歩いたのですが、全国どこに行っても同じものが食べれて、同じものが買える。しかし、タピオカミルクティの行列ができている店だけは、#泉大津 ではなく、買うために並びながら投票へ行こう!って言い続けたい衝動にかられました。我慢しましたがタピオカに群がるキャピ女子は、並びながら話を聞いてくれるねきっと梅村みずほ候補は、子供を産み育てるまでは、無党派層で、選挙の争点にも無関心だったと述べております。女性が将来子育てでどのような苦労があるのか、若い世代の投票へ行かない場合の不利益などをお伝えしたい!という、梅村みずほ候補をタピオカミルクティ列前で話させてあげたかった。維新の会は、全ては次世代のために!頑張る政党です!若い世代は、若い人の気持ちの分かる梅村みずほの話を聞いてほしい。維新の会は、奨学金の返済が何十年も続き、結婚できない若者がいる事を知っています。だから教育無償化政策を進めたいのです。そして、公約の実行のためには、あなただけではダメなんです。お友達やお知り合いと共に投票に行き、投票率は過去最高を打ち出すほどに維新の会を応援していただかないと少数政党の政策は実行できない。さて、#日本維新の会は、自民党・公明党が進める消費税増税に反対️凍結️国民が団結して、消費増税に反対投票をしなければなりません。自民党や公明党の議員だって、党規違反はできないから言えないだろうけど、消費増税の前にしないといけない事業の見直しがある事を分かっている議員は沢山いる。だけど、組織になれば、一人の声はかき消されてしまい排除されてしまうのは世の常です。だから、有権者がNOと言ってあげる事で、有難う!有権者!と思う議員は少なくないのです。市民の苦しむ声を直接聞いている議員にとっては内心救われるでしょう。棄権する事なく、消費増税に反対する投票行動を起こしてください。参議院議員選挙大阪選挙区#梅村みずほ#東とおる二枚目の投票用紙比例#梅村さとし泉大津市期日前投票は20日まで、土日・祝日も毎日投票できます。朝8時30分〜夜8時市役所3階投票所入場整理券がなくても投票できます。全国の期日前投票は20日まで、時間、場所は各市役所にお問い合わせくださいませ。若い世代の方々へ 選挙棄権により若年世代の投票率が1%低下すれば、若年世代1人当たり年間およそ13万5000円分の損失が発生している結果となった。内訳としては、国債の新規発行が7万5300円増え、「高齢世代1人あたりの年金などの高齢者向け給付」が「若年世代1人あたりの児童手当などとの家族給付の額」に対して5万9800円増えていた。この研究報告から、「これは、若年世代が投票権を行使しないことによって失っている便益であり、選挙棄権のコストである。これは言い換えると『政治に参加しなかったことによるペナルティー』であり、目に見えない『政治不参加税』といえる。また、先進諸国の中では日本は若年世代に対する家族給付よりも高齢者向け給付の比率が高く、少子化の一因になっているとも言える。若年世代はこのような政治不参加のコストを認識して、世代の声が財政政策に反映されるように投票に参加する行動を起こすことや、国政選挙における若年世代の候補者の比率が高まることも期待される」と締めくくられている。このように分かりやすい不利益があるのだから、もう選挙に行かない理由はないだろう。各政党と各候補者を吟味して、納得できる候補者に投票しよう。#泉大津市議会 議員 #中村与志子 #大阪維新の会

by Instagram
2019.7.13難波駅前、南堀江で街宣に参加しました。久々にアメ村など歩いたのですが、全国どこに行っても同じものが食べれて、同じものが買える。しかし、タピオカミルクティの行列ができている店だけは、#泉大津 ではなく、買うために並びながら投票へ行こう!って言い続けたい衝動にかられました。我慢しましたがタピオカに群がるキャピ女子は、並びながら話を聞いてくれるねきっと梅村みずほ候補は、子供を産み育てるまでは、無党派層で、選挙の争点にも無関心だったと述べております。女性が将来子育てでどのような苦労があるのか、若い世代の投票へ行かない場合の不利益などをお伝えしたい!という、梅村みずほ候補をタピオカミルクティ列前で話させてあげたかった。維新の会は、全ては次世代のために!頑張る政党です!若い世代は、若い人の気持ちの分かる梅村みずほの話を聞いてほしい。維新の会は、奨学金の返済が何十年も続き、結婚できない若者がいる事を知っています。だから教育無償化政策を進めたいのです。そして、公約の実行のためには、あなただけではダメなんです。お友達やお知り合いと共に投票に行き、投票率は過去最高を打ち出すほどに維新の会を応援していただかないと少数政党の政策は実行できない。さて、#日本維新の会は、自民党・公明党が進める消費税増税に反対️凍結️国民が団結して、消費増税に反対投票をしなければなりません。自民党や公明党の議員だって、党規違反はできないから言えないだろうけど、消費増税の前にしないといけない事業の見直しがある事を分かっている議員は沢山いる。だけど、組織になれば、一人の声はかき消されてしまい排除されてしまうのは世の常です。だから、有権者がNOと言ってあげる事で、有難う!有権者!と思う議員は少なくないのです。市民の苦しむ声を直接聞いている議員にとっては内心救われるでしょう。棄権する事なく、消費増税に反対する投票行動を起こしてください。参議院議員選挙大阪選挙区#梅村みずほ#東とおる二枚目の投票用紙比例#梅村さとし泉大津市期日前投票は20日まで、土日・祝日も毎日投票できます。朝8時30分〜夜8時市役所3階投票所入場整理券がなくても投票できます。全国の期日前投票は20日まで、時間、場所は各市役所にお問い合わせくださいませ。若い世代の方々へ  選挙棄権により若年世代の投票率が1%低下すれば、若年世代1人当たり年間およそ13万5000円分の損失が発生している結果となった。内訳としては、国債の新規発行が7万5300円増え、「高齢世代1人あたりの年金などの高齢者向け給付」が「若年世代1人あたりの児童手当などとの家族給付の額」に対して5万9800円増えていた。この研究報告から、「これは、若年世代が投票権を行使しないことによって失っている便益であり、選挙棄権のコストである。これは言い換えると『政治に参加しなかったことによるペナルティー』であり、目に見えない『政治不参加税』といえる。また、先進諸国の中では日本は若年世代に対する家族給付よりも高齢者向け給付の比率が高く、少子化の一因になっているとも言える。若年世代はこのような政治不参加のコストを認識して、世代の声が財政政策に反映されるように投票に参加する行動を起こすことや、国政選挙における若年世代の候補者の比率が高まることも期待される」と締めくくられている。このように分かりやすい不利益があるのだから、もう選挙に行かない理由はないだろう。各政党と各候補者を吟味して、納得できる候補者に投票しよう。#泉大津市議会 議員 #中村与志子 #大阪維新の会

お問い合わせ先

〒595-0061大阪府泉大津市春日町10番3号
TEL/FAX:0725-99-8542
ページ上部へ戻る