Nakamura Yoshiko Official Web site

ブログ

202094.22新型コロナ感染症対策1人10万円の申請方法 ●4月27日に国会で正式決定し、準備が整い次第給付が始まる予定申請の受け付けを開始する日は各市区町村が決める。申請期限は受け付け開始から3か月以内とするということです。支給の開始日も各市区町村が決めますが、総務省は早いところでは5月中に開始できるのではないかとしています。手続きについては、①住民票がある市区町村から申請書が送られてくる②申請書に世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できる書類と本人確認の書類のコピーを一緒に返送③家族分の給付金がまとめて振り込まれるという仕組みにするということです。口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)のコピー本人確認の書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)のコピーマイナンバーカードを持っている人は、オンラインでの申請もできるということです。手続きはマイナンバー制度の専用サイト「マイナポータル」で行います。スマートフォンのアプリやカードリーダーなどで、マイナンバーカードの情報を読み取ってログイン。郵送での申請と同様、口座の情報などを入力します。口座を確認出来る書類の写真をアップロードすれば、申請が完了します。マイナポータル申請者は、本人確認が出来る書類は必要ありません。世帯のなかで給付金の受け取りを希望しない人がいる場合は、申請書の記載欄に記入すれば、その人の分は支給されないということです。病気などで世帯主本人が対応することが難しい場合は代理人が申請したり、給付金を受け取ったりすることができます。申請書の様式案は総務省が公表した申請書の様式案では、世帯主がみずからの氏名、生年月日、現住所のほか、給付金の振り込みを希望する自分名義の金融機関の口座の情報を記載し、市区町村に返送する形式になっています。口座がない人や、住んでいる場所が金融機関から遠く離れている人にかぎり、自治体の窓口に申請書を直接提出し、後日、給付金を受け取ることもできるとしています。給付対象となる家族の氏名や生年月日は、あからじめ申請書に印刷されていて、給付金の予定額も記載されています。一方で、もし家族の中に支給を希望しない人がいる場合は専用の記入欄にチェックを入れることで、その人の分は支給されず、家族全員が支給を希望しない場合は、申請書の返送は必要ないということです。DV被害者には配慮世帯主の暴力から逃れるために住民票とは違う住所で生活している親子などは世帯主とは別に給付金を受け取れるようにする方向で検討が進められています。 困っている方が、早く受給できるように、ゆとりのある方は、申請を後半にしましょう。それが混乱防止になり、システムダウンすることなく、スムーズな給付につながると思います。いらないなら送らない。その分は在住する自治体に寄付されるようにしてほしい。申請期間が終われば、寄付者にはご寄付ありがとう!のハガキを送る。のはどうだろうか。 申請書は、高齢者でも読み書きしやすいように、記入欄大きく、文字も大きくしてほしい。世帯員氏名記載済み、世帯主の確認書類コピー添付してる。注意事項いらない。振込先口座の部分記入して。受給する・しないに丸して。確認書類のコピー入れた?を確認する欄だけで良い。シンプルじゃないので記入漏れしそう。#泉大津 #泉大津市議会議員 #中村与志子 #なかむらよしこ

by Instagram
202094.22新型コロナ感染症対策1人10万円の申請方法 ●4月27日に国会で正式決定し、準備が整い次第給付が始まる予定申請の受け付けを開始する日は各市区町村が決める。申請期限は受け付け開始から3か月以内とするということです。支給の開始日も各市区町村が決めますが、総務省は早いところでは5月中に開始できるのではないかとしています。手続きについては、①住民票がある市区町村から申請書が送られてくる②申請書に世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できる書類と本人確認の書類のコピーを一緒に返送③家族分の給付金がまとめて振り込まれるという仕組みにするということです。口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)のコピー本人確認の書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)のコピーマイナンバーカードを持っている人は、オンラインでの申請もできるということです。手続きはマイナンバー制度の専用サイト「マイナポータル」で行います。スマートフォンのアプリやカードリーダーなどで、マイナンバーカードの情報を読み取ってログイン。郵送での申請と同様、口座の情報などを入力します。口座を確認出来る書類の写真をアップロードすれば、申請が完了します。マイナポータル申請者は、本人確認が出来る書類は必要ありません。世帯のなかで給付金の受け取りを希望しない人がいる場合は、申請書の記載欄に記入すれば、その人の分は支給されないということです。病気などで世帯主本人が対応することが難しい場合は代理人が申請したり、給付金を受け取ったりすることができます。申請書の様式案は総務省が公表した申請書の様式案では、世帯主がみずからの氏名、生年月日、現住所のほか、給付金の振り込みを希望する自分名義の金融機関の口座の情報を記載し、市区町村に返送する形式になっています。口座がない人や、住んでいる場所が金融機関から遠く離れている人にかぎり、自治体の窓口に申請書を直接提出し、後日、給付金を受け取ることもできるとしています。給付対象となる家族の氏名や生年月日は、あからじめ申請書に印刷されていて、給付金の予定額も記載されています。一方で、もし家族の中に支給を希望しない人がいる場合は専用の記入欄にチェックを入れることで、その人の分は支給されず、家族全員が支給を希望しない場合は、申請書の返送は必要ないということです。DV被害者には配慮世帯主の暴力から逃れるために住民票とは違う住所で生活している親子などは世帯主とは別に給付金を受け取れるようにする方向で検討が進められています。 困っている方が、早く受給できるように、ゆとりのある方は、申請を後半にしましょう。それが混乱防止になり、システムダウンすることなく、スムーズな給付につながると思います。いらないなら送らない。その分は在住する自治体に寄付されるようにしてほしい。申請期間が終われば、寄付者にはご寄付ありがとう!のハガキを送る。のはどうだろうか。 申請書は、高齢者でも読み書きしやすいように、記入欄大きく、文字も大きくしてほしい。世帯員氏名記載済み、世帯主の確認書類コピー添付してる。注意事項いらない。振込先口座の部分記入して。受給する・しないに丸して。確認書類のコピー入れた?を確認する欄だけで良い。シンプルじゃないので記入漏れしそう。#泉大津  #泉大津市議会議員  #中村与志子 #なかむらよしこ

お問い合わせ先

〒595-0061大阪府泉大津市春日町10番3号
TEL/FAX:0725-99-8542
ページ上部へ戻る